アメ車☆旧車ライフ☆カトラス

アメ車旧車を中心に、クルマにまつわる話を綴ります。

HUD ヘッドアップディスプレイの長期使用レビュー ニコマク NikoMaku

ニコマク (NikoMaku)のHUD (ヘッドアップディスプレイ)GPSスピードメーターの長期使用レポートです。
廉価でも、クオリティや耐久性が疑われる中華製車両用デジタルガジェットの現実です。

dodge_challenger

  •  2年半使用して、機能的には支障なし。

中華製の電子機器は安価とはいえ品質等が疑われますよねw
当方が購入したニコマクのHUD GPSスピードメーターは2年半使用して一応今でも問題なく使用出来ています。


とは言え、全く問題が無かった訳ではありません。その辺りをレビューします。

 

  • HUD ヘッドアップディスプレイって?

クルマ用のヘッドアップディスプレイとは、計器類の情報等をそのまま計器盤で表示するのではなく、フロントガラスや反射板に投影して表示し、ドライバーの視線移動距離を低減させる目的で造られたディスプレイ装置で、一部車種では車両に搭載されていますが、大部分は後付けのアクセサリーパーツとして販売されています。

  • GPSスピードメーター

HUDには車速・エンジン回転数・電圧・水温・油温等様々な情報を映し出すモノと当方の購入したGPSスピードメーターのように限定した情報だけ表示する物が有ります。

 

この手の後付けアクセサリーパーツを好む層は、どちらかというと付けられる物は付けられるだけ付けて、少しでも機能が多い物を選択する傾向が強いと思われるので、残念ながらスピードしか表示しない製品には見向きもしないようで、HUDでも機能てんこ盛り、全部のせ、何でもかんでも全部表示の製品に人気が集中しているようです。

  • 当方がこのGPSスピードメーターを購入したのには理由があります。

ユピテルのポータブルナビを使用していた時には、ナビ画面に走行速度が小さく表示されて重宝していたのですが、ダッジチャレンジャーで社外のインダッシュナビに代替したところ、

インダッシュナビには速度表示の機能はなく、やれ急加速だの急ブレーキだのと大きなお世話の鬱陶しいゴミ機能しか無くなってしまいました。

 

特にダッジチャレンジャーの場合、車両のスピードメーターがマイル/キロ併記でマイル表示優先なので、高速走行の際に瞬時に速度が読み取れず難儀したのが入手の動機でした。

 

このメーターを見て頂ければ、高速走行中に瞬時にキロ表記が判読出来ず、マイル表示に目がいってしまう事が判って貰えると思いますw

 

パット見で時速60キロに見える60マイルは時速96.5キロですwww

dodge_challenger
当方は走行スピードがキロ表示されさえすれば良かったので、何でもかんでも表示される製品は逆に画面が煩雑になって視づらいと思い、わざわざGPSスピードメーターを選択しました。

 

当方が購入した物と同一と思われる製品の動画です。

  • GPSスピードメーターのメリット・デメリット

メリット
  • 面倒な配線不要でシガーソケットに挿すだけで稼働。
  • GPS測位なのでタイヤ径等のスピード誤差は発生しない。
デメリット
  • GPS測位なのでトンネル内で速度が計測出来ない。
  • GPSを捕捉するまで速度が計測出来ない。

機能てんこ盛りのHUDは、車両にOBDⅡで接続してECUのデータを表示しますが、

GPSスピードメーターはシガーソケットに挿すだけのシンプルな製品なので
OBDⅡとの相性を気にしたり、OBDⅡのコネクター口を塞ぐ事もありません。

 

車両のスピードメーターのように車速センサーからの信号で計測した速度ではないので、タイヤ径の違いから発生する速度表示の誤差はありません。

 

反面GPSなのでトンネル内では信号が遮蔽されて速度の計測が出来ません。


GPS信号を捕捉するまでに時間が掛かり、走り始めてすぐやトンネルを出た直後に速度が表示されない時があります。

 

当方は高速走行時の速度を知る事が主目的だったので、エンジンを始動してすぐのスピードを測る必要も無く、トンネル走行時以外はそれほど気にならずに使用しています。

 

タイヤ径の違いからの車両のスピードメーターの誤差は、高速走行時になると顕著になり、130クラウンの頃夏タイヤが若干小さめでユピテルのポータブルナビのGPSの速度表示でも時速100キロ位からそれ以上だと10%程度の誤差を生じていました。

 

ダッジチャレンジャーも冬タイヤがかなり小さいので、やはり時速100キロ位からそれ以上だと10%程度の誤差が生じるので、メーター読みで時速100キロで走行しているつもりでも、実際には90キロ程度しか出ていない事がGPSスピードメーターから判明します。

 

当方の購入した ニコマクのGPSスピードメーターはプリセットした速度を超過すると警告ブザーが鳴る機能があるので、120キロで鳴るようにセットして速度超過を防いでいます。

 

  • 使用3ヶ月で筐体変形、誤差発生。

2017年7月頃に購入して装着、というかダッシュボード上に転がしておきました。


日中の勤務時間帯に炎天下の屋外駐車場に毎日放置して、直射日光が当たって高温となるダッシュボード上に置いて猛暑日が続いたので、約3ヶ月でHUDの筐体が熱で変形してフタ状の天面部が歪み、発光部分を覆って数字を明確に表記する為の表面のシール状のフィルムの糊が溶けて一部が浮き上がりました。

 

その頃に突然スピードメーターの表示に誤差が生じ始め、低速でも高速でも絶えずプラス7キロの速度を表示するようになってしまいました。

 

同梱されていた日本語の説明書には誤差の修正方法の記載はなく、便利なスピードメーターが僅か3ヶ月で一気に鬱陶しいゴミに変化しました。

dodge_challenger
筐体も変形したので、やっぱり中華製はこの程度の物かと失望して別のOBDⅡのスピードメーターを探し始めたところ、ヤフオクの同じニコマクのGPSスピードメーターの出品物に速度誤差の修正方法が記載されていました!

 

その記載どおりに操作したらプラス7キロの速度誤差は納まり、以降誤差は生じてません。


中国語の取説を見るとどうもそれっぽい記述があるのですが、中国語が判らない日本人には誤差の補正方法が取説に記載されている事自体に気付きません。

 

筐体の歪みは許容範囲内で、一部が浮いた表面のフィルムは上から押さえつけて貼り付け直し、GPSスピードメーターとしては正常に機能するので現在までトータル2年半使用しています。

説明書に速度誤差の修正方法が抜けてただけで、危うく購入3ヶ月でゴミとして捨てるトコロでした(;'∀')

  • 付属の軟性樹脂マットは絶対使用しない事!

当初はダッシュボード上に転がしたままでしたが、同梱の反射フィルムを車両のフロントガラスに貼らないとガラスに反転した数字が二重三重にブレて見づらいので、スマホをHUD代わりに用いる際のHUDスタンドを購入して使用しました。

dodge_challenger

どうやら日本の法律では車検ステッカー等指定された物以外を車両のフロントガラスに貼る事がNGで、実質的に視界の妨げにはならないほとんど透明なHUD用の反射フィルムですらアウトみたいなので、同梱の反射フィルムは窓に貼らずにHUD用スタンドを採用しました。

 

この時ズレ止め用にHUD同梱の軟らかい粘着性の樹脂マットを下に敷きましたが、見事に日光の熱でデロデロに溶けたので、絶対に使用しない事を強く推奨します。
ダッシュボードの汚損に至ります。この辺が中華クオリティですねw

dodge_challenger

普通の国産車に乗っている分にはこのHUD GPSスピードメーターは無用の長物ですが、アメリカからの並行輸入車で、キロ/マイル併記のメーターで見にくい場合という超ニッチな需要に限りw、上記の事情を踏まえた上での使用もアリかも知れませんww

 当方が購入したのは多分コチラだと思います。以下全て楽天です。


ニコマク NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイ 車載スピードメーター GPSで連動、時速をフロントガラスに 過速度警告搭載 反射フィルム付き 日本語説明書 HBX67

 

ガラスに貼る反射フィルムが日本では違法になる恐れがあるので、このような一体型のほうが良いような気がします。OBDⅡとシガー接続で表示可能な機能が異なってくるので、購入する場合事前に説明文をよく読む必要があります。


HUD ヘッドアップディスプレイ 後付け ポン付け GPS OBD2 スピードメーター あす楽 送料無料 [HUD503]

 

この製品か判りませんが、こんな感じのスマホ用のスタンドを使用しました。


ヘッドアップディスプレイ HUD iPhone8対応 メーター ナビゲーション スマホを置くだけ簡単投影 LT8ピン iPhoneの充電可能 ワイヤレス充電器 LP-FUHUD02W 送料無料 キャッシュレス 還元