アメ車☆旧車ライフ☆カトラス

アメ車旧車を中心に、クルマにまつわる話を綴ります。

走行10万キロ超え中古車の過走行車伝説w 10万キロ超は買ってはいけない?

今は判りませんが、かつては走行距離が10万キロを超えた中古車は過走行車というレッテルを貼られていました。過走行車はいろいろ不安ですよねw そんな10万キロ超え中古車の話です。中古車の買い方初心者向けの内容です。

usedcar

  •  10万キロは慣らし運転ww

結論を先に言うと、ケースバイケースですが、走行10万キロ超=ダメではありません。

当方自身、今まで多分ほぼ推定走行10万キロ超の中古車しか購入していないと思いますが、走行10万キロ超が原因で機関にトラブルが発生して故障した等、買って失敗したという経験は皆無です。

 

 

とは言え中古車の初心者には積極的におススメはしませんね。

  • 情弱は走行10万キロに捕らわれすぎ?

中古車の買い方として中古車検索サイトでクルマを探す際に、初心者が最も気にするのは価格ではないでしょうか?
そして年式と走行距離、グレードや車体色、オプション装備等ですか?

 

確かに新車から数年落ちの乗用車であれば、日本国内で走行10万キロ超えは過走行な気がします。


もし中古車の初心者だったら、出来ればこの辺の新車から数年落ちの低走行車を推奨しますが、新車から数年落ちのクルマが買える予算があるのなら、ロシアンルーレットみたいなハズレを引くリスクのある中古車より新車を購入したほうが安心だと思います。

 

新車から5~6年以上経過したクルマだと、10万キロで過走行と呼べるかは微妙な気がします。
この年代からは、単にメーター読みの走行距離より、今までどのような使われ方をしてきた車両なのか?のほうを重要視したほうが良いからです。

 

走行距離が少なくても、乗りっぱなしでオイル交換もろくにしていない車両と、マメに手入れをして毎日乗っていたクルマでは、数年落ちでは差が出にくくても、年数が経てば経つほどコンディションに開きが出ている筈です。

 

情弱は走行10万キロに捕らわれすぎとディスったのはコレが理由です。

 

なので中古車は新車と違って、同年式・同グレード・同一走行距離でも一台一台コンディションが全く異なります。

それを、一律に価格と走行距離だけで比較してしまうのが、初心者が中古車で失敗する敗因です。

70_cutlass

おまけに初心者が価格と走行距離だけで比較して商談を初めてしまうので、メーターを改ざんした中古車が市場に出回る悪循環を生み出してしまいました。

 

それこそ本末転倒なのですが、中古車に対して素人であれば素人であるほど価格と走行距離だけしか見なくなるので結果的には自業自得の結果を生み出しています。ぶっちゃけメーターはアテにならないのが実情です。


当方も買った中古車の大半はコンディションその他から類推して、メーター改ざん車だったと思われます。

 

だからと言ってメーター改ざん車を販売した中古車店を非難するのも早計です。
中古車は業者オークション等様々な経路を経て店頭に並んでいるので、その過程のなかで改ざんされた可能性が高いからです。

 

なので、本当は表記されている走行距離はあくまで参考程度として、自分自身で一台一台チェックして選ばなければならないのですが、初心者に自分でチェックしろといっても無理ゲーですよねw

 

 

当方が出来るアドバイスとしては、
  • 新車が買えるのであれば新車に越したことはない。
  • 中古車は新車ではないと自覚する。
  • 必ず自分で現車確認する。
  • 走行距離より現車のコンディション優先。

でしょうか?

usedcar

 

身も蓋もない話ですが新車最強ですwww 新車ならもし不具合があっても万全のフォローが期待出来ます。ディーラーなら手取り足取り全部やってくれます。余計な心配や不安とは無縁です。

 

それでも事情で中古車しか買えなくてしかも初心者であれば、中古車は新車とは全く別物と認識して下さい。

usedcar

新車と同じと思っていると、アフターサービスや不具合のフォロー面で最終的にコレジャナイ感に到達して中古車はやっぱりダメとレッテルを貼り、中古車業界の名誉に傷を付けます。正直迷惑です。

 

必ず自分で現車確認しなければなりません。中古車歴の長い人に同行して貰って一緒にチェックするのが望ましいです。クルマだけでなく店の対応や雰囲気も確認事項です。
但し、セールストークにおだてられたり、言いくるめられてその場で契約するのはNGです。


店の説明で、聞いたことのない専門用語等で判らない用語が出た場合にはメモっておいてググる事も必要です。店の説明だけだと素人と見なされて店側に都合の良い解説をされてしまう場合もあるからです。

 

ぶっちゃけ5~6年落ちより古ければ、メーターの走行距離は参考程度で気にする必要は無いと思います。そのくらい古ければリセールバリューを思慮する年式でもないと思います。何より現車のコンディションが優先です。

 

何だかんだ好き勝手書きましたが、中古車購入が不安や心配で失敗が怖くて躊躇している初心者の選択肢は二択です。

  1. 絶対失敗しないように新車しか買わない。
  2. とりあえず探してみて、現物を見て検討してみる。

絶対に失敗したくない人は、絶対中古車はやめたほうが良いです。初めから失敗が見えています。不信感・懐疑心から他の人なら失敗の範疇でない些細な事も全部中古車のせいにして、どう転んでもやっぱり中古車はダメだったという結論に達するからです。

 

その他の人は、とにかく実際に行動に移してみる事をおススメします。
色々探しているうち探すコツが掴め、何台も見ているうちに良いクルマと悪い車の見分けが何となく見えてきます。Webで見つけたとしても、その後の電話対応や実際に店に行った際の店の雰囲気にも色々ある事が判ります。実際に自分が行動する事で様々な事が見えてきて、徐々に初心者から脱却していきますw

 

仮に、最悪貧乏くじを引いてしまったとしても、その時の一件は全て経験値として以降の失敗を避けるスキルとして役立ちます。無駄ではありません。


そうすれば、単に価格やメーター読みの走行距離に捕らわれずにクルマを選べるようになると思います。

 


但し、中古車は新車ではないという認識と、おだてられたり、言いくるめられてその場での契約はNGですよw・・・。