アメ車☆旧車ライフ☆カトラス

アメ車旧車を中心に、クルマにまつわる話を綴ります。

【カーイラスト】板タブレットXP-Pen Deco01を導入!マウス描画から卒業【お絵描き】

という事で、イラスト描画用に板タブレットを購入しました。

illustration

  • 板タブ導入

実はブログの更新が途絶えていた原因はコレでした。

 板タブに慣れるためにイラスト描きに集中していました。

 

当ブログはクルマの話題がメインで、ペンタブレットの話を延々と続けても誰も興味ないでしょうし、タブレットの情報を得たい人はこのブログに辿り着かない筈なので、軽く流します。

 

  • ペンタブレットとは?

クルマの話題がメインのブログなので、ペンタブレット???という人も多い筈なのでザッと説明します。

 

タブレットといってもiPadのようなタブレットPCではなく、ペン入力用のデバイスの事です。

 パソコンのマウス代わりに、ペン型のスタイラスペンでパソコンを操作する用具です。

 

ペン型マウスとは異なり、タブレットと呼ばれる盤面にスタイラスペンが触れる事でカーソルがマウスのように動きます。

illustration

  • 板タブと液タブ

ペンタブには板タブレットと液晶タブレットの2タイプがあります。

 

元は板タブレットから始まったようですが、今では液晶タブレットのほうが主流のようです。

 

板タブレットがモニタに描画されていく画を見ながら机上のスタイラスペンで描画するので、視点と動かしている手の位置が異なるのに対して、液晶タブレットは液晶面に直接スタイラスペンで描画するので、紙にペンで描く感覚で、ペンで描いた位置に描画出来る点が好評のようです。

 

新たにアナログ画からデジタル画に移行する人なら、アナログ画に近い感覚でペンでそのまま描画される液タブのほうが違和感を感じにくいのですが、当方は永い事モニタを見ながらマウスで描画していたので、ペンを見ずにモニタを見ながら描画しても特に違和感は感じないので板タブを選択しました。

 

液タブが安くても3~4万からなのに対して、板タブは6~7000円からと安価なので、迷わず板タブを選びました。

  • 板タブレットXP-Pen Deco01

日本ではワコムが老舗で定評があるようですが、アマゾンで最廉価のXP-Pen Deco01がクーポンで値引きされていたのでそちらにしました。

 

Deco01とDeco01 V2がありましたが、違いを判っていません。

 

たぶん、スマホに接続するアダプターが付くか付かないの差くらいかと認識しています。

スマホに繋ぐ予定がないので、ただのDeco01にしました。

 

今回はポチったら翌日には届いたので驚きましたw

illustration
当初作動せず焦りましたが、Windowsの役立たずの余計なお世話機能が妨害していたようで、大きなお世話をカットしたら問題なく稼働し始めました。

  • 描いてみた

すぐに板タブに慣れたかったので、しばらくお絵描きに没頭していましたw

 

まずアニメ画を下敷きにしてトレースしました。

illustration
アニメは線が明確なので、なぞって線の練習をするには最適です。

 

トレースは、他人の描いた絵をなぞってコピーしているだけなので盗作でダメだという意見が多いですが、練習には最適だと思っています。

 

満足に自分独自の絵も確立していないのに、真似しちゃダメだからと1から絵を起こそうとするより、初めは線の練習に専念する為に、見本をなぞったほうが余程上達が速いと思います。

 

但しトレースした物を、「自分の作品です」と発表してしまう事だけは最低最悪なNGで大問題です。

 

当方は練習の成果を記録する為にアニメ系イラストのトレースもTwitterに投稿しますが、「トレースです」と明記して自作とは区別しています。

illustration

 

アニメ画で感覚が掴めてきたのでクルマを描いてみました。

 

アプリの色々なタッチを試したかったので、見本を下敷きにせず見ながら描いてみました。模写と言えば模写です。

illustration

以下は見本を下敷きにしています。

当方の解釈では、アニメ画のトレースは元の線が明確なので誰が描いても似た結果になる点と、元絵は誰かが考えて創った作品で、その写しなので他人の創作物の模倣と判断しますが、趣味レベルのクルマのイラストの場合、元の画像の種類にもよりますが、見本を下敷きに描いたとしても、それが即模倣とも言えないのでは?というスタンスです。

 

理由は、同じ見本でも描く人によってまるで違う結果になるからです。

描き手の創造性が加わるので、一概に模倣と言い切れないと思っています。

 

画力のない人のなぞった画には、明らかに画力の無さが再現されてしまいます。

 

illustration

 

この手の車種は、当方のタッチとは相性がイマイチと感じました。

実際に描いてみないと気付きにくいです。

illustration

 

板タブの操作にもかなり慣れてきたので、腕試しにアメ車を描いてみました。

illustration

  • 感想と気になった点

 

話が逸れたので戻します。

 

そもそも板タブを導入したきっかけは、マウスでは思ったような線が引けない事からでした。

 実際に導入してみて、かなり描きやすくなったとはいえ、自由自在とまではいきませんでした。

 

特に長いスパンを一本の線で、抑揚を持たせながら一気に引くことは難しいです。

 

問題点1.

スタイラスペンにもボタンが2つ付いているのですが、イマイチ反応が鈍く使用していません。

 

しかも夢中になって描いていると、無意識にボタンを押してしまい誤動作させる事があります。

 

 問題点2.

板タブの問題ではなくパソコン側の問題かも知れませんが、長時間描き続けたりするとスタイラスペンのボタンが勝手に作動して誤作動したり、極端に動作が鈍くなって操作不能で描画が続けられなく場合があります。

 

以上、取り留めなくダラダラと書いてしまいましたが、せっかく購入した板タブを十二分に活用させるように、当面の間お絵描きに注力する事になりそうです。

こちらが今回購入した板タブです。

6000円ぐらいなので、入門用には適していると思います。 


XP-Pen ペンタブ Decoシリーズ 10x6.25インチ カスタマイズ エクスプレスキー8個 Deco01

 

ベストセラー?日本で最もメジャーなワコムの製品です。


【ワコムストア限定】ワコム ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用モデル Mサイズ CTL-672/K0-C

 

当方と同じXP-Pen Deco01のV2というタイプです。

違いを調べていません。スマホに接続出来るアダプタが付属している事は確かです。


XP-PEN ペンタブレット Decoシリーズ エクスプレスキー8個 ペイントソフトダウンロード可 XP-PENイラストコンテスト記念セット Deco01 V2

 

液晶ペンタブレットです。

一般には液タブが主流になっているようです。


【Amazon.co.jp限定】 ワコム 13.3インチ 液晶ペンタブレット 液タブ Wacom One 13 アマゾンオリジナルデータ特典付き DTC133W1D
Amazon.co.jpアソシエイト