アメ車☆旧車ライフ☆カトラス

アメ車旧車を中心に、クルマにまつわる話を綴ります。

遠出した出先で立ち往生!タイミングベルトでなくタイミングチェーン車でレアなトラブル

今回は遠出した出先で立ち往生して、自走での帰還が困難になった時の話と、その時のタイミングチェーン車でのレアなトラブルを紹介します。
出先でクルマが動かなくなる事は稀なので、自走不能になった場合どう対処するかの参考になるかも知れません。

70_cutlass

  •  人生初の遠方での自走帰還困難

出先でクルマがトラブルに陥って動かなくなった事は何度かありましたが、遠方での立ち往生は生まれて初めてだったのでかなり焦りました(;'∀')

 

出かけた先で故障させないのが最大の予防策ですが、旧車では現代の国産車のように完全に上手くいかない場合もあります。

万が一、自走で戻れなくなってから初めてうろたえるのであれば一読しておいても良いと思います。

 

 

また、以前は長い事タイミングベルトが主流でしたが再びタイミングチェーン車が多くなっているので、タイミングベルトのように切れなくてもレアなトラブルとはいえタイミングチェーン車でも故障する事があり得ると認識下さい。

  • トラブルから帰還までの流れ、

かなり古い話ですが、2012年3月11日の日曜日、カトラスで当時横浜で定期的に開催されていた国産旧車のミーティング、マニアクルーズの見学へと向かう途中、保土ヶ谷バイパスから横浜新道~首都高速神奈川2号三ツ沢線と来て、三ッ沢出口の直前で突然エンジンからアフターファイヤーが発生し爆発!その後続けてパンパンと数回爆発しました(;'∀')
幸いエンストはしませんでした。

 

出口を降りて脇へ寄せ停車、アイドリングさせたままボンネットを開けて目視したものの大きな異常は見られなかったので、クルマを動かそうとしたらストール。
再始動はしますが、何度繰り返しても走り出そうとする度にストールorz

 

自力移動は断念して、メンテを依頼している工場に連絡しました。
生憎予定が立て込んでいる為、サルベージして貰う場合は夕方以降になってしまうとの事でした。

70_cutlass

 

任意保険のロードサービスを利用してみては?とのアドバイスを受けて保険会社にTELしてみましたが、8ナンバー車は全額実費でその場で清算との事でした。

 

同じ実費を払うなら、知っている人に頼んだ方が安心感があるとの考えで、SNSの友人に電話を掛けてSNSの友人で、レッカー車や積載車を複数所有し、保険会社等の要請で24時間体制で出動するロードサービス会社を経営している人の連絡先を教えて貰い、事情を伝えて搬送を依頼しました。

 

普通の国産車の場合は、任意保険でロードサービスを付帯しておけば各社規定のキロ数までは無料で搬送してもらえる筈なので、立ち往生した場所から直近のディーラーや保険会社指定の工場で受け入れてくれる場所まで搬送して、後日修理の済んだ車両を引き取りに行くのが一般的なパターンだと思います。


普通の国産車なら任意保険でロードサービスを付帯しておけば、自力でレッカー車を手配する事なく取りあえず保険会社へ電話すれば何とかなるという事です。

 

JAFは会員以外だと全額実費だったと思います。任意保険のロードサービスを付帯していない場合JAF頼みになると思います。

 

結局SNSの友人のロードサービス会社から現場まで出張40キロ・現場からいつもの工場までの移動で60キロ、通常の管轄エリア外で朝から夕方まで一日拘束してしまった上に、通常ではありえない程大幅値引きをして貰いました。

70_cutlass

本当に感謝感激で、もうロードサービス会社を運営している人には足を向けて寝られませんww

 

普通の国産車以外だと、当方のように任意保険のロードサービスの無料範囲の適用外で実費になったり、直近のディーラーに預けられなくて(又は拒否されて)いつもの工場までの長距離搬送となったり、特殊なクルマだとJAFで断られたりする事もないとは言い切れないので(8ナンバー車や大きいキャンピングカー等)普通の国産車以外の人は事前に自分のクルマがどう扱われるのか調べておいても良いかもしれませんね。

 

朝故障して夕方ようやくいつもの工場へ到着しました。
搬送してくれたSNSの友人に礼を言ってその場で現金で料金を支払い、(保険会社のロードサービスが全額実費でその場で清算だとの事だったので救援の待機中にコンビニのATMで現金を引き出しておきました。)無事搬送は終了しました。

 

  • 旧車ならではのタイミングチェーン車ではレアなトラブル

以下は故障の話です。

工場に到着してローダーから降ろすやいなや、いつもの工場の店主が不調のEGをガンガンぶん回してバックファイアーで何度もパンパン大爆発音を工場近辺に響き渡らせまくって、住宅に隣接しているのでこっちが恐縮しました(苦笑)

 

その週の木曜日に工場から連絡があり、キャブのガスケットがヨレヨレでガソリンが滲みまくっていたので、キャブ不調が原因かとキャブレターをオーバーホールしたところ、ミスファイヤーの現象は全く改善されず、エンジンの前側をバラしてみて、 タイミングチェーンが著しく老朽化してユルユルになっていて、2コマ位チェーンがズレていたとの事でした。


また、マフラーのタイコが爆破されて損壊し、パンパンに膨らんでしまっているとの事です。

 

想像すると、高速走行で劣化で伸びきっていたタイミングチェーンが耐えきれずにコマずれを起こして誤爆、バックファイヤーとアフターファイヤーを起こしてキャブレターのガスケットを吹き抜き、マフラーを爆破してしまった模様ですorz

 

翌週工場から作業完了の連絡があって引き取りに行きました。

交換したスプロケットとタイコを見せて貰いましたが、スプロケットは歯が削れてボロボロで、マフラーのタイコはまさしく爆破された状態でモコモコに膨らんで継ぎ目が裂けまくりでした(;'∀')


交換した新しいマフラーのタイコが以前より小さめで、ややEG音が大きめとの事でしたが、かなりエキゾースト音が勇ましくなりましたw
結果的に色々手を入れたのでレスポンスは良くなりましたが、色々な今後整備が必要な課題点も指摘されました。

 

搬送代と修理代を合わせて、総額で軽く20万円超えの出費となりました。

 

旧車の場合このように予期せぬトラブルもあり得るので普通の国産車のようには行きませんね

ここでも以前記した旧車ライフ入門、アメ車や旧車を長く乗り続けられる3つのポイント

  • 自分と相性が良い、アメ車や旧車に精通したメンテ工場を近場に持つ。
  • 心が折れそうになっても、励みになる仲間。(車両の搬送)
2点が生かされています。

www.cutlass70.com

この程度で心が折れていたら旧車・アメ車オーナーになるのはちょっと厳しいかも知れません。