アメ車☆旧車ライフ☆カトラス

アメ車旧車を中心に、クルマにまつわる話を綴ります。

【早期発見】夏冬タイヤ交換時に気付けるトラブルもある。ダッジチャレンジャーのタイロッドエンド修理

2009年式ダッジチャレンジャーで、夏タイヤから冬タイヤに交換した際に足回りの不具合に気付いた話です。

dodge_challenger

  •  簡単なチェックで発覚

夏タイヤと冬タイヤに交換する習慣のある地域では、年二回タイヤの脱着をしていると思います。

 

自分で交換される方は、交換ついでにちょっとチェックすると早期に愛車の不具合に気付ける場合があります。

 

 

  • 左前輪にガタ

実家にタイヤを保管している当方は、2020年はコロナの影響で暫く冬タイヤのまま過ごす事にしました。

 

昨年冬タイヤに交換した際には、タイヤ交換時に違和感に気付きタイロッドエンドを交換しました。

  • ちょっとしたチェックでの不具合の早期発見

特に難しい手間の掛かる工程を加えなくても不具合は発見できます。

 

ジャッキアップした際にタイヤが宙に浮いたら、タイヤを上下と左右に揺すってみるだけです。

 

上下と左右のどちらでガタが生じるかで、ある程度の不具合の原因は切り分けられます。

 当方の場合左右に揺すってガタがありました。

 

左右のタイヤを揺すって違いを比較します。どちらか片側だけ振れれば明らかにそちらに不具合があると判定出来ます。

dodge_challenger

上下でも振れる場合はハブベアリングの不具合の可能性もあります。タイヤを空転させてみてスムーズに回らない場合、早急に対処する必要があると思います。

 

当方はタイヤが振れたあと今度はタイロッドを手で掴んで揺すってみましたが、ガタつきはなかったのでタイロッドエンドのガタつきでは?と仮定しました。

 

他にかつてGS130クラウンに乗っていた頃は、タイヤ交換時ではないですがハンドルの据え切りで違和感を感じたので、接地したまま前タイヤの前端と後端を足で蹴ったらタイヤが振れたのでジャッキアップして確認したところ、ガタつきがあったので点検と修理をして貰った事があります。

gs130

その際はタイロッドエンドではなく、ピットマンアームがガタついていました。

 

具体的な不具合場所は自分では特定出来なかったので、右前(だったと思う)のタイヤを揺すったらガタが有ったので点検・修理して欲しいと依頼しました。

  • タイロッドエンドのガタ

今回は早速いつもの店に連絡を入れて、点検と修理を依頼しました。


素人なので部位を断定してしまって、それが見当違いだとまずいので、タイロッドエンドのガタとは指定せずに、タイロッドエンドっぽいけど一応各部を点検して欲しいと依頼しました。

 

併せてオイルとオイルエレメントの交換も頼みました。


入庫してその場でリフトアップしたので点検に立ち会いました。

案の定タイロッドエンドでした。


土曜の午後イチバンで入庫し、日曜の夕方にはオイル交換共々完了しました。

 

フロント足回りのガタは法定12ヶ月点検の項目にはないので、遅くとも車検と法定24ヶ月点検の際には発覚しますが、運転感覚やハンドリングのレスポンス、タイヤの編摩耗等への悪影響は必至です。

 

不具合を最長2年近く放置して、関連する別の部位まで壊して車検時の整備代を高額にしてしまったり、タイヤの編摩耗で一輪だけタイヤ交換する羽目になるくらいだったら早めに不具合に気付いて整備したほうが安上がりでクルマも長持ちします。

 

特にハブベアリングの摩耗だと、最悪の場合出先で走行不能になってレッカーを手配するような事態にもなり兼ねません。

dodge_challenger

余程の過走行か過去の整備不良がない限り、ソコまでハブベアリングが摩耗する事はないとは言え、もし出先で動けなくなってしまえばお金だけでなく時間も手間も無駄に掛かってしまう事になります。

 

どうせ自分で夏冬タイヤ交換するのであれば、ちょっとひと手間掛けてタイヤを揺すって点検しても良いと思います。

ダッジチャレンジャーの場合、ジャッキアップポイントが サイドシルの溶接のつなぎ目のリブなので、ガレージジャッキの場合凹型のジャッキアタッチメントが必要です。当方はわざわざジャッキアタッチメントを取り寄せて購入したあとガレージジャッキが壊れて、新しく買い直したら初めからジャッキアタッチメントが付属していてガッカリww 自分のクルマにによってはジャッキアタッチメントが付属しているガレージジャッキを購入したほうが良い場合もあります。


メルテック 2t油圧フロアージャッキ ローダウン 最高値/最低値 335(365)/85(115)mm 1年保証 ジャッキタッチメント・サドル(30㎜UP)付 Meltec FA-24

 

車載ジャッキだけで作業されている方も居るかも知れませんが、車載ジャッキはあくまで応急処置用のジャッキなので、車載ジャッキでの夏冬のタイヤ交換は正直推奨出来ません。最低でもリジットラックは噛まさないとそのうち事故でケガをしたりクルマを損壊するのでリジットラックは必須です。


エマーソン ジャッキスタンド3t 2個セット EM-104 高さ6段階調整 最低位260mm/最高位405mm ラバーパッド付き EMERSON EM104

 


マグナム・チャージャー・チャレンジャー 2WD用 タイロッドエンド アウター ACDelco製プロフェッショナルグレード #0878
Amazon.co.jpアソシエイト